これでわかる!質屋のいろは@東京image
悪質な質屋の見分け方

質屋と一言でいっても、街にはさまざまな質屋が点在しています。

しかし、どこの質屋も信頼ある優良店舗かというと、残念ながらそうではありません。

今回は質屋を利用する際に気をつけたい悪質な質屋の見極めポイントをご紹介します。

◆悪質な質屋とは?

質屋というのは品物を担保にお金を借りることができるのが特徴です。

消費者金融のキャッシングのような審査もないため、今すぐにお金が必要な人にとっては重宝される借入方法となります。

しかしその利点を利用して、悪質な貸付をする偽装質屋があるのです。

偽装質屋の場合、ヤミ金のような法外な金利や取り立てをされる恐れもあるため、利用前に適切に見極める必要があります。

◆悪質な質屋を見分ける方法

①年金の話をされる

質屋で融資を受ける際は、現住所の書かれた身分証明書の提示が必要となります。

また、担保となるものは品物に限られます。

そのため年金を担保に融資を勧められた場合は、詐欺の可能性があるため注意が必要です。

もちろん年金手帳の提示も必要がないため、そういった話を持ちかけられたら断るようにしましょう。

②質札を使わない

質屋で質預かりした品物を取り戻すには、元金と利息を支払わなければなりません。

その際、支払いには質預かり時に必要な事柄が書かれた質札が発行されます。

基本は質札と品物が交換されて品物が返却されるしくみであることを覚えておきましょう。

③質流れしない

質屋では保管期限のすぎた質物は質屋に所有権が譲渡されます。

そのためこの時点で返済の義務がなくなります。

このシステムを質流れと呼びます。

しかし悪徳な質屋の場合、元金と利息が自動で引き落とされるなどして質流れがされないことがあります。

こうなると毎月元金と高額な利息を払い続けなければならなくなるので、質に入れる前には必ずシステムの確認をしておきましょう。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By これでわかる!質屋のいろは@東京. All Rights Reserved.